ダントツでおすすめのカーリース!トヨタKINTOについて徹底解説!

当ページのリンクには適切な表現のもと、広告が含まれています。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

トヨタKINTO(キント)とは、トヨタが展開している車のサブスク、いわゆるカーリースサービスです。

頭金を含む初期費用なしで、月々定額でトヨタやレクサスの新車に一定期間契約して乗ることができます。

※トヨタ車は3年/5年/7年、レクサスは3年契約のみとなっております。

月額料金には保険・税金・メンテナンス費用・車検・故障修理の際に車にかかるすべての費用が全部含まれています。そのため、毎月の支払額は契約終了まですべて一定となっております。(ガソリン代と駐車場代は含まれません)

カピバラ

契約期間中に、急な出費が一切ないため安心して車に乗ることができます。

KINTOは、カーリースサービスの中でも最大手です。母体が車会社のトヨタということもあり、他のカーリースサービスの中でも頭ひとつ抜けておすすめすることができます。

本記事では、KINTOのシステムや特徴、および注意点について、徹底的に解説していきます。

さらには、KINTOがどのような人に向いているのか、ユーザー目線でお答えしていきます。

本記事では、下記の疑問にお答えしていきます!

  • KINTOってそもそもどんなサービス?
  • KINTOのメリットとデメリットは?
  • 結局、KINTOはどんな人が契約すべき?
目次

トヨタが運営するカーリースサービスKINTOとは?サービスの特徴を徹底解説!

KINTOの概要

KINTOとは、トヨタが展開する車のサブスクリプションサービス(いわゆるカーリース)です。

サブスクリプションとは購入し、所有をするのではなく、一定期間ごとに一定料金を支払うことで利用できるサービスのことを表します。

KINTOが展開するサブスクリプションサービスでは、トヨタとレクサスの新車を月々定額で利用することができます。
(自動車保険、税金、メンテナンス料など車にかかる費用がコミコミ=フルサービスカーリース)

具体的なKINTOのサービスを表にしてまとめてみました。大きく4つのサービスを展開しております。

スクロールできます
サービス名サービス内容
KINTO ONEトヨタの新車のみを対象としたサブスクサービス
契約期間は3年/5年/7年
初期費用0円の「初期費用フリープラン」と
中途解約が0円で可能な「解約金フリープラン」がある。
KINTO for LEXUS
レクサスの新車のみを対象としたサブスクサービス
契約期間は3年
プランはKINTO ONEと同一。
KINTO ONE 中古車トヨタの中古車を対象としたサブスクサービス。
契約期間は2年
対象期間は東京都と愛知県のみ (2024年2月6日現在)
KINTO UnlimitedKINTO ONEの派生プラン
アップグレードとコネクティッドにより
月額料金をさらに10%抑えたプラン

本記事では、すべてのサービスのベースとなっている「KINTO ONE」について主に解説していきます。

KINTOのシステム

KINTOでは、トヨタが車を契約者に『貸し出す』という形で契約します。

契約の際には、3年/5年/7年と期間を決めた上でKINTOに毎月定額の料金を支払うことで車をほとんど自分の車と同じように利用できます。

この定額料金には、以下の費用がすべて含まれています。

  • 車両代・オプション代
  • 任意保険料と自賠責保険料
  • 正規販売店でのメンテナンス費用
  • 税金(重量税、自動車税)
  • 登録諸費用

そのため、定額料金と別に発生するガソリン代と駐車場代等を除けば、月々の支払いはすべて定額となります。

カピバラ

自動車保険の登録や、税金などの支払い手続きがすべて簡略化できるのも嬉しいですよね。

車に詳しくない方でも、安心してご利用できます。

ここで1つ例を見ていきましょう。

トヨタの人気車種である『ヤリス クロス』を「初期費用フリープラン」で5年間契約する際にかかる費用は、45,540円(5年契約、ボーナス追加支払いなし)です。(2024年 2月6日現在)

この月々の金額は、車検のある月だろうと点検のある月であろうと初月から契約終了まで変わりません。

保険料も込み込みのため、万が一事故を起こして保険を適用しても定額料金はずっと同じです。


KINTOの取扱車種について

KINTOでは、現行のトヨタ車、レクサス車を取り扱っております。

全てのトヨタ車、レクサス車が対象ではなく、一部の車両は取扱外となっているものもございます。

また、グレードやオプションなどは人気のあるものをパッケージ化して販売しているため、購入の際には選択できるグレードやオプションが選択できないこともございます。

取扱車種についての詳細は、KINTOのホームページをご覧ください。

カピバラ

グレードやオプションに制限があるのは少し残念ですが、完全に対応するとコストが増加してしまいます。そのため、サービスの価格維持のためには仕方ないところですね。

とはいえ、売れ筋のものだけを集めているので車に詳しくない方でも簡単に選べるというメリットもあります。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

KINTOの2つの契約プラン「初期費用フリープラン」と「解約金フリープラン」を比較!

KINTOの契約プランは、「初期費用フリープラン」「解約金フリープラン」の2つがあります。

スクロールできます
    初期費用フリープラン解約金フリープラン
メリット・初期費用0円
・ボーナス併用払い可能
・一定の手数料で車の乗り換え可能
・契約期間が3年/5年/7年から選べる
・中途解約時に解約金が発生しない
デメリット・中途解約時に解約金が発生・5ヶ月分相当の申込金が必要
・ボーナス併用払い利用不可
・契約期間が3年のみ(満了時同一の車で再契約可)
・合計支払額が初期費用フリープランより多い

2つを比較するとわかる通り、「解約金フリープラン」は途中解約ができることを除き、デメリットが多いです。

とくに、途中解約をしなかった時、合計支払額が多くなってしまうのはデメリットとして大きいですよね。

文字通り「解約金フリープラン」は中途解約をする可能性がなければ、あまりおすすめのプランではありません。

基本的には、「初期費用フリープラン」を基準に考えていけば良いと思います。

KINTOの契約申し込みまでの流れ

※KINTO申し込みの前に、運転免許証をご用意ください。

KINTOの申込みはKINTO公式ページからできます。店頭でも可能ですが、WEBの方が圧倒的に楽なので、少なくともこの記事を読まれている皆様は、WEBでの契約をお勧めいたします。

公式ホームページにアクセスすると、下記の画面が出てきます。

この赤枠で囲まれた『もっと詳しく>』をクリックすると車種選択画面に移ります。

あとは、好きな車種やオプションなどを選びつつ、画面に従って入力していけば大丈夫です。

カピバラ

料金プランは中途解約の可能性がとても高い人を除き「初期費用フリープラン」をお勧めします。

手早く進めればおおよそ15分〜30分で、審査申し込みの手続きが完了できると思います。

もちろん車種やオプションで悩まれている方は、じっくりと後悔がないように選択肢をよくよく見て決めるようにしましょう。

カピバラ

なお、この時点では正式な契約とはならず、あくまで契約可能かどうかを審査するだけです。

そのため、まずはとりあえず審査だけを受けて、後からキャンセルすることも可能です。もちろん料金はかかりません。

審査の結果は、通常は数日で届きます。その後、支払い方法を選択し、正式な契約を結んで契約完了となります。

KINTOを利用するメリット!他社カーリースサービスや車の購入と比べてここが強い!

やはり、KINTOを選ぶ上で、皆様が気になっているのは他社のカーリースサービスや、車を購入するのと比較して本当にメリットが大きいのかということでしょう。

結論から申し上げますと、KINTOにはメリットが多く、カーリースサービスの中でもダントツにお勧めできます。

もちろん、デメリットについても解説していきます。しかし、KINTOは他のカーリースサービスと比較してデメリットよりもメリットの方が大きいです。

自分がKINTOを利用すべきかどうか、この項目をみて判断をしていただけたらと思います。

メリット1:トヨタの新車を頭金0円かつ月々定額で乗ることができる!

KINTOの最大のメリットとしては、やはり頭金0円で新車に乗り始めることができる「初期費用フリープラン」でしょう。

頭金0円で、しかも駐車料金とガソリン代以外はすべて月額料金に含まれており、急な出費を抑えられることはとても大きなメリットです。

カピバラ

新社会人など、貯金額が少ない方にはおすすめです。

私の知り合いにも、新卒後すぐに車を買ったのですが、半年で事故にて廃車にしてしまった方がいました。

KINTOだと、このような事態があっても月々定額で対応できるのはすごいことです。

メリット2:手軽にWEB申し込みが可能!

KINTOならWEBで審査や申し込みが可能なので楽ちんです。

通常、新車を購入する時には実際に販売店に行って、オプションなどを細かく設定する必要があります。

カピバラ

忙しい方や、ディーラーまで家から距離がある方だと、なかなかディーラーに行って商談をするだけでも大変ですよね。

しかし、KINTOであれば月額料金がプランごとに一律で決まっているため、KINTO公式サイトにアクセスをし、欲しい車種を選択すればすぐに申し込み手続きに移ることができます。

あとは、ローンの審査が通りさえすれば、ディーラーに行くのは納車時のみでOKです。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

メリット3:「のりかえGO」で車の乗り換えが可能!(※初期費用フリープランのみ)

KINTOでは、「のりかえGO」を利用し、割安な手数料で新しい車に乗ることができます。

利用の例としては、新社会人になったばかりの方が費用を抑えるため、KINTOの中でも安価な車をリースしたとします。

その数年後に、お金が貯まってきたから月額が高くなってもいいからKINTOで新型の『ハリアー』乗りかえたいという際に、割安な手数料でお乗り換えが可能です。

カピバラ

結婚などで必要な車の車種が変わるときなど、ライフスタイルに変化がある可能性の高い方でも安心して乗れますね。

メリット4:トヨタ・レクサスの正規販売店によるメンテナンス!

通常のカーリースの場合、リース会社が指定する整備工場で車検やオイル交換を行う場合が多いです。

カピバラ

そのため、KINTO以外のカーリースサービスでは正直なところ、自分が乗っている車に詳しい方が出てきてくれるかどうかは運次第なところもあります…

しかし、トヨタが運営するKINTOでは、すべてトヨタあるいはレクサスの正規販売店が対応してくれます。

トヨタのお墨付きを受けている販売店が直接点検などをしてくれるということで、安心して車を預けることができますよね!

メリット5:必須保険だけでなく、充実した任意保険に自動的に加入できる!

KINTOの申し込みの際は、自動的に任意保険もついています。

KINTOで自動的に加入する任意保険の保障内容

  • 対人・対物保証無制限
  • 車両保険(自損事故や当て逃げも保証に含む)
  • 免責金額5万円
  • 弁護士特約、ロードサービス、レンタカー費用保証あり

以上のように、非常に充実した保証内容となっています。

カピバラ

車を買うとき、保険料は車の金額とは別に支払う必要がありますが、KINTOだと全部込み込みなのは嬉しいですね。

ちなみに筆者は車購入1年目の保険料は月々およそ2万5000円でした。

特にKINTOですごいのは、任意保険は通常等級によって値段が変わるのですが、KINTOの場合は一律で決まっております。

車に乗り始めたばかりの方は保険の等級が低く、保険料が高額になりがちです。車の購入と同時に、毎月保険料を支払うのはなかなか大変です。

KINTOでは、そのような予想外の出費が一切ありません。保険は通常使用すると等級が上がり、保険料が変化しますが、KINTOでは万が一事故を起こしても等級の変化はありません。

カピバラ

自動車保険を自分でいちいち加入しなくて良いのも楽ですね。

車に詳しくない方でも安心です!

メリット6:クレジットカードが利用可能でポイントがたまる!

通常のカーリース契約の場合、クレジットカードが使えないことが多いです。また、新車の購入も同様です。

しかし、KINTOではクレジットカードを利用できます。そのため、支払いもお手軽な上にポイントを貯めることが可能です。

カピバラ

ポイントが1%でも、大きな買い物であるカーリースだとバカにならない金額が期待できますよね。

メリット7:明確な料金体系

実は、一見するとKINTOより月額あたりの金額が安い月額で借りることができそうに見えるカーリースの会社もございます。

しかし、そのようなリース会社はKINTOとは異なり契約終了後に残価の精算で、追加料金が必要なケースも多いです。

これをいわゆる「オープンエンド」方式と言います。しかし、カーリースの最大のメリットは月々の支払いを定額にできることなのに、「オープンエンド」方式はそのメリットを潰しているので筆者としてはあまりお勧めできません。

その他、解約金などについても不明瞭なケースが多く、明朗会計かつ支払い開始から完全に月々定額なカーリースはKINTOを除くとほとんどございません。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

KINTOを利用する上でのデメリット!KINTO契約前に要チェック!

メリットが多いKINTOですが、当然デメリットもございます。

KINTOの利用をご検討されている方は、合わせてご参照ください。

デメリット1:最終的に車は返却する必要がある。

KINTOはカーリースですので、リースされた車は最終的にKINTOに返却する必要がございます。お金を払って買い取ることも不可能です。

カピバラ

ちなみに最近は、カーリースでも「気に入った車は買取可能!」を歌っているお店もありますが、正直お勧めできません。

なぜなら、カーリースでの車の買取は、通常の車の購入よりもかかる金額が高くなるケースがほとんどだからです。

それなら最初からローンを組んで購入する方がよく、リースはあくまでリースと割り切って使うべきです。

すなわち、車を移動のための手段というより、自分自身で可愛がる相棒みたいに捉えている方は、KINTOの利用はお勧めできません。

また、返却の際は原状回復をする必要がございます。そのため、事故などで傷がついてしまった場合は、速やかに保険を利用して直すようにしましょう。

カピバラ

メリットで申し上げた通り、保険料金は月額料金に込み込みで、保険を使っても月額料金は変わりません。

ただし、免責金額は5万円ということをご承知おきください。

デメリット2. 自動車保険の等級を引き継げない

これはメリットの項目でも説明いたしましたが、KINTOは月額料金に任意保険料が含まれています。

そして、この月額料金はすべての人で同じです。すなわち、すでに車に長年乗っていて、保険の等級が高い人は今の保険契約を中断した上で、KINTOの保険に入り直す必要があります。

そのため、保険の等級が高い人は、結果として自分の保険を使用するよりも高くついてしまうことになります。

繰り返しにはなりますが、「運転初心者」、「若者」、「高齢者」などの任意保険料が高い層にとっては、デメリットではなくむしろメリットとなります。

デメリット3. 走行距離に制限がある

KINTOは月あたり1500kmの走行距離制限があります。もし、契約満了時に決められた走行距離を超過していた場合、KINTOで定められた超過料金を払います。

契約終了時に規定の走行距離を超過していた場合は、トヨタ車では1kmあたり11円(税込)、レクサス車は1kmあたり22円(税込)の追加料金がかかります。(2024年2月6日現在)

カピバラ

通勤などで毎日長距離を乗る人は要注意ですね。
そういう方はそもそもKINTOの契約が向いていないので、別の手段を考えた方が良さそうです。

ただし、月1500kmは1日あたり50kmほどなので、距離としては結構あります。

また、一時的に長距離を乗ったとしても、最終的に契約満了時に帳尻が合っていれば問題ないので、普段そこまで車に相当乗る人でなければあまり心配することもないでしょう。

デメリット4. 中途解約すると違約金がかかる

KINTOでは中途解約が原則できません。

不可能というわけではないのですが、違約金が発生します。

例えば、「車が必要なくなったから返却したい」という場合でも、気軽に解約を申し出ることは厳しいでしょう。

参考として、3年契約時の途中解約の表を下に示します。

例えば、3年契約時に利用開始から17ヶ月で解約を申し出たとします。契約月数17のところを見ると追加精算金は3ヶ月分、残利用料は1ヶ月分の計4ヶ月分の中途解約金が必要になります。

注意点として、KINTOでは半年に一度契約の更新がございます。そのため、例えば契約12ヶ月で中途解約すると中途解約金は4ヶ月分で済むのが、契約13ヶ月で中途解約すると中途解約金は8ヶ月分となり、およそ4ヶ月分差が開きます。

さらに注意すべきことは、違約金は一括で支払う必要があるということです。

違約金が発生しない「解約金フリープラン」もあるにはあります。しかし、申込の時に先払いで頭金が月々のお支払い料金の5ヶ月分が必要であり、そのほかにもデメリットが多いです。

スクロールできます
    初期費用フリープラン解約金フリープラン
メリット・初期費用0円
・ボーナス併用払い可能
・一定の手数料で車の乗り換え可能
・契約期間が3年/5年/7年から選べる
・中途解約時に解約金が発生しない
デメリット・中途解約時に解約金が発生・5ヶ月分相当の申込金が必要
・ボーナス併用払い利用不可
・契約期間が3年のみ(満了時同一の車で再契約可)
・合計支払額が初期費用フリープランより多い

そのため、契約期間に関しては、十分注意して契約を結ぶようにしてください。

ちなみに、車を乗り換えたいという方であれば、メリット3でご説明した「のりかえGO」を利用して、新しい車で再契約することができます。

カピバラ

例えば、「子供が産まれて、大きな車に乗り換えたい!」場合などは、KINTO内で別の車を選び、再契約することができます。

そのため、車が必要なくなる可能性がある方や、どうしてもトヨタ車以外の車に乗りたくなる可能性があるという方以外は気にする必要はございません。

デメリット5. トヨタ/レクサスの車しか選べない

KINTOを運営している会社は、トヨタです。

そのため、トヨタ車かレクサス車のみ、KINTOでリースすることができます。

カピバラ

トヨタ車/レクサス車以外で乗りたい車がある方は、KINTO以外のサービスを利用しましょう。

車種としてはヤリス/アクアなどのコンパクトカーや、ヤリスクロス/ハリアーなどのSUV、ノア/アルファードなどのミニバン、さらには86などのスポーツカーまであります。

ただし、意外なところでトヨタには軽自動車がございません。その点は要注意です。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

KINTOに関するQandA

ナンバープレートはレンタカーと同じ「わナンバー」なの?

「わナンバー」ではなく、一般車両と全く同じです。その他外見についても一般車両と同一です。そのため、リース車だということは周囲から見てもわかりません。

リースした車は契約者以外が運転しても大丈夫?

個人契約の場合、誰が運転しても問題ございません。万が一事故などが起きたの際の保証も受けることができます。

契約満了後にリース車はどうする?

車を返却し契約を終了させるか、再契約して別の車に乗るかを選ぶことができます。

車の買取はできません。

大体契約開始から納車まではどのくらいかかる?

最短で1.5ヶ月からとなっています。基本的に新車購入よりも待ち時間は短いです。正確な納車までの待ち時間につきましては公式ホームページにお問い合わせください。

まずは審査だけを受けたいのだけれど、無料でできる?

申し込みは無料で、同時に審査を行うことも可能です。

審査を通過した後も、本契約をするかどうかはお客様のご判断で決めることができます。まずは審査だけでもお気軽にご相談ください。

車の利用方法に制限はある?

車の改造や、室内でタバコを吸うことは禁止です。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

結論!KINTOはこんな人にお勧め!

さて、ここまでKINTOについてまとめてきました。

しかし、皆様が一番気になるのは、結局、KINTOが自分に向いているかどうかということでしょう。

結論としては、下記に当てはまる人は、KINTOの利用を検討する価値があると思います。

結論!KINTOはこんな人にお勧め

  • 車に関する急な出費を抑えたい方
  • 車に関してあまり知識がない方
  • 保険の等級が低く、KINTOの料金をお得に使える方
  • 車内でタバコをすわず、車を改造しない方。

あえて言い切ってしまうと、就職されたばかりの新卒の方には特にお勧めです。

まだ、車に関する知識もあまりなく、貯金も就職したばかりであまりないから頭金を支払うことも厳しいけれど、早く車が欲しいという状況が多い新社会人にはぴったりのサービスであると言えます。

カピバラ

中古車でも早く車を手に入れることはできます。

しかし、中古であるが故にエンジンなどの状態が悪く、故障しやすいということも多々あります。

整備なども新車より気を使う必要があるため、車の初心者にはちょっとハードルが高いかもしれませんね。

具体的には全ての料金が月々で込み込みで、安心かつ安全の新車のトヨタ車が手に入り、車の知識がなくとも保険の等級が低い(保険料が高い)方には自動的にお得な保険に入れ、メンテナンスなども全てトヨタ系列でお任せできるというサービスは、就職されたばかりの方には非常に魅力的ではないでしょうか。

反対に、車に長く乗っていて保険の等級が高く、車を新車で一括購入できるだけの予算があり、自分で車をガンガンカスタマイズして乗り倒したいという方には正直KINTOはお勧めできません。

もし、自分にKINTOが向いているかもしれないと思った方は、ぜひお気軽にKINTOのご利用をご検討ください。

公式ホームページから個別に質問をすることもできます。まずはお見積もりを取るだけ(無料)でも色々とわかってくることが多いです。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次