カーリースは恥ずかしい?そんなことは全くないです!理由を徹底解説!

当ページのリンクには適切な表現のもと、広告が含まれています。

カーリースについて個人の意見を見て最近思ったのが、意外とカーリースについて恥ずかしいと思っている層が多いということですね。

たしかに「恥ずかしい」という感覚は個人によって違います。例えば周りの人が気にしなくとも、ちょっと髪の毛が跳ねていただけでも恥ずかしいという人はいます。

しかし、一番重要なのは周りの人からどう見られるかということです。その観点で言えば、カーリースは全くもって恥ずかしくないと断言することができます。

カーリースを恥ずかしいという人はむしろ、カーリースについてまだ知ったばかりで「えっ、これって恥ずかしくないの」程度の人がほとんどです。

しっかりとカーリースの仕組みがわかれば、恥ずかしいとは思わなくなるでしょう。

本記事では、下記について解説していきます

  • なぜ、カーリースは恥ずかしくないのか?
  • おすすめのカーリースサービスは?

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

目次

カーリースが恥ずかしくない理由

それでは、カーリースが恥ずかしくない理由について、下記で解説していきます。

そもそもローンで車を買うのと何が違うのか?

まず、カーリースでは、あくまで車を「貸し出している」という形で契約者は保有しています。

そのことに関して、抵抗を感じる方も多いかも知れません。

しかし、よくよく考えてみると、これはローンで車を買うのと何が違うのでしょうか?

特に、車がお得に乗れるということで、最近増えている残価設定型ローンと比較してみましょう。(下記のベストカーの記事によると、新車を購入される方の7割が残価設定ローンを利用しているそうです。)

自動車情報誌「ベストカー」
いまや7割が利用ってマジか!!「残価設定ローン」で得するクルマと損するクルマ - 自動車情報誌「ベストカー...  マイカーローンの中で今、大きな注目を集めているのが残価設定ローンだ。特に高価格帯の車では積極的に活用され、「新車の7割近くで残価設定ローンが使われている」(フ...
スクロールできます
残価設定型ローンカーリース(KINTO基準)
車の所有権購入者リース会社
お金の支払いローンを組んで毎月返済する。
最後の支払いで残価(車の価格の数10%)を払うか、車を売却する必要がある。
毎月利用料を払ってリースをする。最初から最後まで定額
車に関する制約残価を維持するため、走行距離や改造などに制限がある。走行距離や改造などに制限がある。
支払い完了後車に乗り続けることができる。
(ただしローンを完済する人は少ない)
同じ車で再契約するか、車を降りるか、別の車で再契約可能。
最終的な支払い総額多い少ない

こうして比較をしてみると、今流行りの残価ローンは車の所有権が名目上は購入者となっております。

しかし、実質的にはローンという借金をして車を貸し出してもらっている状態です。

最終的な支払い総額が少ないカーリースを選択できる合理性を選べる人が、何も知らずに残価設定型ローンを選んでいる人より本当に恥ずかしいと言えるのでしょうか?

カピバラ

昔の日本人は「夢のマイホーム」との名目で家を買っていました。

その結果として、毎年ローンの金利でひいひい言っている人が多くいました。

最近は「マイホーム」にこだわりがある人は減ってきています。
車も同様ではないでしょうか?

カーリースの規模はどんどん広がっている

さて、恥ずかしいという気持ちは、新しいものや一般的でないものに生じることが多いです。

カーリースというシステムも「家賃を払って借りた家に住むのは普通なんだから、車も同じようにお金を払って借りてもいいでしょ」と考えればそんなに違和感はないにも関わらず、それが家ではなく車であるという理由だけで、不当に扱われている気がします。

これも、カーリースが最近できた新しいサービスであることが大きいでしょう。

しかし、下記のグラフが示すように、カーリースの車の個人所有の数は、2017年から2022年まででおよそ2.5倍まで上昇し、この後もさらなる上昇が見込まれています。

すなわち、これからの時代、カーリースはどんどん一般的になっていくと予想されています。

その時には、カーリースが恥ずかしいという概念は綺麗さっぱり消え去ることでしょう。

カピバラ

どうしても人間は新しいものに対しては疑いがちですが、それが本当に悪いものであればすぐに消えていきます。

カーリースは多くの人の支持を受けて、ハイスピードかつ長期的に市場規模を伸ばしています。

世の中で当たり前のように受け入れられるのもそう遠いことではないでしょう。

そもそもリース車は普通の車と見分けがつかない

さて、それでも今はリース車だということがバレるのは恥ずかしいという方もいると思います。

しかし、実はリース車と自家用車を見分けることはほとんど不可能です。

例えば、レンタカーは「わ」ナンバーであるため、購入した車でないことは一発でわかります。

しかし、リース車はナンバーは「わ」ナンバーではございません。また、外見上も自家用車と全く変わりはありません。

唯一、リース車の車検証をよくみると、所有者の欄がリース会社になっているため、そこでリース車かどうか判断することはできます。

しかし、車検証は車のダッシュボードに入れるなりして、人目のつかないところに保管しておくものです。そのため、車検証でリース車とバレることはまずないと言っても良いでしょう。

カピバラ

そもそもバレたところで私は恥ずかしいとは思いませんが。

経済的な方法を取れない方がもっと恥ずかしい

さて、これが一番重要だと私は思うのですが、目新しい方法であり、自分が知らない、理解できないから恥ずかしいというレッテルを他人に貼り付けることこそが一番恥ずかしいのではないでしょうか。

先ほども申し上げた通り、今人気の残価設定ローンよりも、カーリースの方が支払い総額は少ないです。

そして、実質的に名義が自分かリース会社かが違うだけで、残価設定ローンも車に対する自由度は少ないです。

最終的にローンを払い終われば、車は自分のものになりますが、そこまでする人が多くないのも実情です。

カピバラ

支払い総額が高くなるので私はお勧めしませんが、最近ではカーリースの車でも買取可能なサービスが増えてきています。

それであれば、ローンはお金がない人が組むものであるのに、わざわざ名義を自分にするためだけに残価設定ローンを組むのは本末転倒じゃないでしょうか。

おすすめのカーリースサービスは?

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

さて、ここまでカーリースをだいぶ肯定してきましたが、実はカーリースにも色々あります。

たとえば、カーリースのメリットって毎月の支払額を定額に抑えつつ、車に乗れることなのに、最終的に車を降りる際に残価精算があるオープンエンド方式を採用しているリース会社がとても多いです。

カピバラ

これだと残価設定ローンとカーリースの悪いとこどりみたいな最悪のケースになっている場合もあります。

さて、私はこのブログを書くにあたり、カーリースの会社について調査いたしました。

そして、カーリースの会社を20社以上調べましたが、やはり一番お勧めできるのは、結局一番人気のトヨタKINTOです。

詳細は下記の記事でご紹介しておりますが、やはり世界のトヨタが運営しているだけあって、価格や、安心安全度合いなど、全てにおいて格が違うと思います。

カピバラ

月々1万円未満というカーリース会社もありますが、そういう会社は私が調べた範囲内では、月々の支払いとは別の支払いがあり、結果としてKINTOよりも支払い総額が多くなりました。

もし、興味がある方は下のリンクからKINTOのホームページを覗いてみてください。

お申し込みは数十分もあればすぐにできます。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次