カーリースの「クローズドエンド」と「オープンエンド」について解説!

当ページのリンクには適切な表現のもと、広告が含まれています。

カーリースは、車を購入するのではなく、リース会社から契約者に車をリース(貸し出し)をするサービスです。

申込金(頭金)が0円のところも多く、リース中にかかる車検や保険などの諸費用もリース金額にコミコミであることが多いため、月々定額で車に乗ることができます。

よって、車に乗っていると発生しがちな急な出費(故障の際の修理費など)を抑えることが可能です。

さて、そのカーリースサービスですが、一般的に車を最終的に返却する際、残価(車の最終的な資産価値)に対する扱いによって、クローズドエンド方式とオープンエンド方式に分けることができます。

クローズドエンド方式とオープンエンド方式は、最終的な支払いを左右するものであり、カーリースを選ぶ際に、重要なポイントとなります。

この2つの違いを理解していないと、リース期間満了時の車の清算の際に、予想もしていない出費がかかるなどのデメリットがありますので、この記事を読んだ上でカーリースサービスを選ぶことをおすすめします。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

目次

そもそも残価とは

残価というのはその名の通り、リース期間満了時に残った車に残った価値のことです。 

車の価値は年数が経っていくと徐々に下がっていきますが、一気に無価値になるということはありません。そのためカーリースでは、リース期間が終わったときに妥当であろうと思われる車の価格を、あらかじめ新車価格から差し引いて、月々の支払い価格を決めています。


たとえば仮に新車価格が300万円の車があったとします。この車を5年リースする場合、5年後の残価が50万円と設定すると、毎月のリース料金は残った250万円から算出する、ということになります。 

そうなると当然、残価が高いほうが、支払額が減ります

そして残価が高いというのは、つまりその車がある程度年数が経っても人気がある、ということでもあります。そのため人気のある車のほうが残価を高く設定しやすくなります。

そういった点を考慮しながら、残価を設定するのは各リース会社です。

そして、クローズドエンド方式とオープンエンド方式の違いは、契約満了時に残価精算をリース会社が行うのがクローズドエンド方式、リースした契約者本人がするのがオープンエンド方式です。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

クローズドエンド方式とオープンエンド方式を解説!

さて、それでは具体的にクローズドエンド方式とオープンエンド方式の違いを見ていきましょう。

クローズドエンド方式とは?

解説

クローズドエンド方式では残価精算の責任がリース会社にあります。

残価の設定は、オープンエンド方式の場合契約者とリース会社の同意の上で高くすることが可能ですが、クローズドエンド方式はそれができないため、若干低くなりがちとなります。

すなわち、月々のリース料が高くなりがちです。しかし、借入額が少額になるので、最終的な支払額はオープンエンド方式より少額となることが多いです。

また、残価精算の責任はリース会社にあるため、契約終了時の車の価値が、設定していた残価よりも低くても、差額はリース会社の負担となります。

そのため、残価精算を契約者がすることはなく、契約満了時の追加支払いはございません。

こんな人におすすめ!

  • 最終的な支払い価格を最初から決定したい方
  • 支払い総額を抑えたい方

まず、残価設定の責任がリース会社にあるため、最終的な支払額を最初から予想できることがメリットとして挙げられます。

カーリースをされる方の中には、月額だけでなく、最終的な支払額について最後まで見通した上で選びたいという方も多いでしょう。そのような方にはクローズドエンド方式はぴったりであると思います。

また、残価というのは基本的にローン、悪く言えば借金です。すなわち、残価を低く設定することの多いクローズドエンド方式は、比較的利息の支払いが少なくなります。

結果として、リース会社に支払う総額はオープンエンド方式より少額となることが多いです。

カピバラ

この二つのメリットはとても大きいです。

筆者は基本的にクローズドエンド方式を万人向けとして勧めています。

筆者が一番推しているカーリースサービスのKINTOもクローズドエンド方式です。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

オープンエンド方式とは?

解説

オープンエンド方式とは、お客様に残価を公開し、普段の支払い金額を低く抑える代わりに、同意の上で残価を高く設定することができる仕組みです。

毎月のリース料を安く抑えることができるというメリットはありますが、契約期間が終わったあとの残価を精算する責任はリースした側にあります。

そのため、契約時に残価を高く設定していて、実際に契約が終わったときの車の価値が、当初設定していた金額よりも低くなってしまっていた場合には、その差額を支払う必要が生じます。

残価を高くしすぎると精算時に思いもよらない額を請求されるリスクがあるのがこのオープンエンド方式です。

また、残価を高く設定すると、その分ローンの借入額が大きくなるので、最終的な支払い額は利息の分多くなりがちなことも注意が必要です。

こんな人におすすめ!

  • 現状はお金がないが、契約満了時にはまとまったお金が入る予定のある方
  • 車を買い取る可能性のある方。

オープンエンド方式では、月々の支払額を抑えられますが、最終的な支払額は利息の分増えてしまいがちです。

そして、契約満了時に残価精算が発生する場合が多く、予想外の出費となってしまうケースが多々あります。

これらのデメリットを認識した上で、オープンエンド方式のカーリースと契約を結ばれることをお勧めします。

月々〜円でとてつもなく安い額が提示されている場合、よくよくみるとオープンエンド方式で、月々〜円だけでなく契約満了時に追加支払いが生じるというのはよく聞く話です。

一応メリットとしては残価を生産した後は、リース車の買取もできる会社が多いです。

ただし、リース車を買い取ると最初から決めているのであれば、普通に車をローンで購入した方が安くつく場合がほとんどだということをご認識ください。

総じて、「今はお金がないから月額を下げたい、でも契約満了時にはまとまったお金が入るから残価生産の際に大金を払えるし、多少支払い総額が増えてしまっても構わない」という方向けです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次