トヨタKINTOの走行距離制限は月々1500km!超過してしまったらどうなる?

当ページのリンクには適切な表現のもと、広告が含まれています。

最近、ますますカーリースサービスは増えてきており、それに付随してリース会社によってさまざまなサービスが提供されています。

車の買取が可能である、保険や補償などを最小限にして月々の金額を格安にする、新車ではなく中古車をリースするなど、そのサービスはますます多様化しています。

しかし、そのような中においても、私の知る限り走行距離無制限というカーリースサービスは存在しません。

基本的にはどのカーリースにおいても走行距離に制限が設けられており、おおよそ月当たり1000km〜3000kmが多い印象です。

会社によっては走行距離を自分で選択できますが、筆者が一推しししているカーリースサービスのトヨタKINTOでは月々の走行距離制限は1500kmで一律です。

トヨタKINTOにつきましては、下記の記事もご参照ください。

さて、月々1500kmということを聞いて、これを超過したらどのようなペナルティがあるのか?走行距離超過はいつ判定されるのか?月々1500kmの制限でどのようなカーライフが送れるのか?などの疑問が湧いてくると思います。

それらを本記事では解説していきます。

本記事を読むとわかること

  • トヨタKINTOで走行距離を超過してしまった時の罰則は?
  • 走行距離超過はいつ判定される?
  • 月々1500kmの走行距離で送れるカーライフは?

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

目次

トヨタKINTOで走行距離を超過してしまった時の罰則は?

さて、トヨタKINTOでは、走行距離制限は月々1500kmとなっております。

もし、この走行距離を超過してしまったとしたらどうなるのでしょうか?

トヨタKINTOのホームページによりますと、下記のように記載されています。

1,500km×ご利用月数(1年換算18,000km)の合計値を超えた場合に、トヨタ車では1kmあたり11円(税込)、レクサス車・bZ4Xでは1kmあたり22円(税込)をご契約終了時にお支払いいただきます。

出典:トヨタKINTOホームページより

トヨタ車で1kmあたり11円ということは、仮に遠出をして往復100km(目安として、東京駅から鎌倉まで直線距離で50kmくらいです)超過したとしても、その金額は1100円ということになります。

多いか少ないかは個人の感想になりますが、筆者としてはそのくらいならあまり気にしすぎる必要もないような気がします。

カピバラ

ただ、当たり前ですが積もり積もるとバカにならない金額になるのも確かです。
一度の遠出をそこまで控える必要はないのでは?くらいに私は捉えています。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

走行距離の超過はいつ判定される?

さて、トヨタKINTOではよく、『月々の走行距離は1500kmまで』と言われていますが、これは正確には間違いです。

なぜなら、トヨタKINTOにおいて、走行距離を超過しているか否かを判定するのは最終的にリースした車を返却する時であり、毎月距離を超過しているか判定されるわけではありません。(スマートフォンの月々の使用ギガとは異なります)

ですので、正確に言い換えるとこうなります。

トヨタKINTOではリースした車を契約満了時に引き渡す際

  • 3年契約では54000km
  • 5年契約では90000km
  • 7年契約では126000km

の走行距離を超過した時、トヨタ車なら1kmあたり11円のレクサス車やbZ4Xなら22円の罰金が発生する。

よって、ある月で1500kmを超過したとしても、その月に罰金を取られるということはございません。

リース契約の期間が終了し、リース車を返却する時に、月々の走行距離が平均1500km以下に抑えられていれば、追加料金が発生することはないです。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

月々の走行距離1500kmで送れるカーライフの目安は?

さて、最後に月々の走行距離1500kmが少ないのか検証していきましょう。

月々1500kmということは、1日あたりの目安は1500kmを30日で割って50kmです。

よく言われているのが、下道を走るのであれば、信号待ちなどを加味すると、1時間あたりに走れる距離というのはおおよそ30kmほどと言われています。

すなわち、1日あたり1時間40分ほど車に乗ることができる計算になります。

こうして考えると、月々1500kmはそれなりの距離があるのではないでしょうか。

例えば、下記のような生活を送る人は月々1500kmでも十分ということになります。

月々1500kmの走行距離で可能な生活

平日は会社へ車で片道30分(15km程度)程度の往復をし、ちょくちょく近場(5km程度)の買い物に出かけ、週末の休みのうち1日は車にあまり乗らず休み、もう1日は往復100kmの距離をドライブする。

以上より、これだけ車に乗る人というのは、相当な少数派なのでは?という結果が得られました。

参考となるデータとして、ソニー損保が発表した調査結果をご紹介いたします。

自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳〜59歳の男女に対してアンケートとったところ、1人あたりの年間の平均走行距離は6,727kmであり、年間16,000km以上の走行する方はどの世代でもわずか4%未満でした。

出典:ソニー損保

KINTOの年間走行制限距離は18,000kmなので、ほとんどの人はストレスフリーなカーライフを送ることができるのではないでしょうか。

一方で、通勤が片道1時間(30km)以上かかる方は要注意です。

その通勤だけでほとんど月々の制限距離を使ってしまう計算になります。しかし、それでも休日に車に乗らないのであれば、十分な距離とも言えます。

時々の遠出よりも、やはり毎日自分がどのくらい車に乗るのかよく考えてから契約することにしましょう。

カピバラ

反対に、車に乗らなすぎる人もKINTOは正直なところ向いてないと思います。

例えば、近場の買い物に週2,3回行くくらいなら、別の手段を検討すべきです。

KINTOは保険料や車の不調の修理なども全て月額にコミコミなので、制限距離の範囲内であれば、むしろ車を使い倒すつもりで乗るべきだと思います。

今回の走行距離制限の記事を見て、自分にKINTOが合うかもしれないと思ったら、是非とも公式ホームページを参考にしてみてください。

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次