新卒は車をいつ買うべき?解説いたします。

当ページのリンクには適切な表現のもと、広告が含まれています。

さて、新卒の皆様におかれましては、車をいつ買うべきか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

早い時期に車を買うとローンがきついのでは?

車を早く買っておかないと後々不便になる?

など、社会に出たばかりだと色々と不安になりますよね。でも、安心してください。この記事を読めばいつどのような車を買うべきかということがわかるかと思います。

また、本記事の最後に購入する以外にお得に車に乗る方法もご紹介しているので合わせてご覧ください!

目次

そもそも車が必要か否かを考える

さて、車を購入する前に、1つ重要なことがあります。

最初に、本当に車が必要かどうかを考えましょう。

はっきり言って、車は持っているだけで思っている以上にお金がかかります。「運転しなければガソリン代かからないし‥」というものではありません。

具体的に見ていくと、車を維持していくだけでこれだけの項目のお金を払う必要があります。また、非常にざっくりではございますが参考となる金額も書いていきます。

車の維持にかかるお金

  • 車検代 2年に1回で10万円ほど必要
  • 自動車税(軽自動車の場合は軽自動車税) 毎年数万円程度
  • 自動車保険 条件にもよるが、月々1万円程度
  • 消耗品交換(タイヤ代など) 年間あたり数千円〜数万円
  • 駐車場代 月々数千円〜数万円
  • ガソリン代 走る分だけ

よって、車は持っているだけで全く運転しなくとも最低でも月々当たり1万円以上の出費を覚悟する必要があります。もちろん故障などした場合はもっと多くのお金がかかります。(車両保険でも故障は対象外ということに注意です。)

そのため、余計な出費を抑えるためにも、まずは自分が本当に車が必要かどうかを確かめましょう。

一番おすすめなのは、会社の先輩に車が本当に必要かどうか聞いておくことです。

必ずしも必要という場合を除いて、お金がないときに慌てて買う必要はないです。また、車の維持に関しては、合わせて下記の記事もご覧ください。

新卒はいつ、どのような車を買うべきか?

さて、ここからはそれでも車が必要となった方にいつ、どのような車を買うべきか解説していきます。

車を買うおすすめの時期について

前章を読んで、やっぱり車が必要だとなった方々に、いつ車を買うべきかをお伝えいたします。

ズバリ、夏のボーナスが出た後の7月過ぎごろがおすすめです。

理由として、大きく3つ挙げられます。

理由1 新生活に慣れてくる頃だから

おそらく、生活必需品は一通り揃っているでしょうし、自身の取り巻く環境も1段落ついてきた頃ではないでしょうか。

会社に入社したばかりの時は思わぬ出費があったり環境の変化が多いため、それらが1段落するまでは様子を見るべきです。

入社してからいきなり車が絶対に必要だということを突然言ってくる会社はそうそうないでしょうから、このくらいの猶予を持って然るべきだと私は思います。

理由2 経済的に余裕が出てくる頃だから

新卒の方はどうしてもお金が貯まるまで時間がかかります。車は維持費がかかる上に万が一の故障などがあった場合予期せぬ出費がかさんでしまうことがあります。

車はローンで買うにせよ、最低でも20万円ほどは手元にお金がある状態で車を購入すべきだと私は思います。

しっかり貯金をした上で、車の購入に備えるようにしてください。

理由3 車を安く買いやすい時期だから

車を売る会社は、9月ごろに決算があるため、その時期までに売り上げの数字を確保しようとすることが多いです。

そのため、多少車を安くしてでも、車を売ってしまおうとする動きが出てきます。

そうした動きは、ちょうどボーナスが出てくる頃である7月から活発になっていくケースが多いです。

よって、車を安く買いたいのであれば7月過ぎに車を買うことをお勧めします。

なるべく車を安く手に入れることは、新卒の方にとっては必須事項と言えるでしょう。

どのような車を買うべきか?

さて、どのような車を買うべきかですがまず予算で決めるべきだと私は思います。

もちろん、自分の生活を圧迫してでも欲しい車があるというのならそれはそれでいいと思います。しかし、あくまで必要だから買うというのであれば貯金をするためにもまずは予算ありきで買うべきでしょう。

目安として、購入する車の金額は年収の半額程度がいいという言葉がございます。

しかし、新卒1年目でお金がたまっていない状況では、年収の半額以下に抑えるべきですよね。

そうなってくると、よほど車を趣味にしたい方を除いて最初は100万円前後で見ておくのがいいのではないでしょうか。

そうなってくると、新車で軽自動車を買うか、中古車を買うかの2択となってきます。

新車で軽自動車を買う場合には問題ありませんが、中古車を買う場合には下記の点に注意しつつ購入するようにしてください。

中古車を買う時の注意点

  • 必ず現車確認をし、できれば試乗すること
  • 年式は登録から5年以内。走行距離は5万km以内を目安にすること
  • なるべく保証がある中古車を選ぶこと

中古車はどうしても新車と比較して故障する可能性が高くなりがちです。それらのリスクを抑えるためにも上記の項目を満たしている車を買うことをお勧めします。

最後になりますが、新車は納車までおよそ数ヶ月、中古車は納車まで数週間ということを考慮した上で購入してください。

新卒でもローンは組める?

さて、おそらくほとんどの新卒の方は車を購入するときにローンで買うことになると思います。

新卒でローンを組めるか心配になる方もいらっしゃると思いますが、過去に何かしらの滞納などを行なっていない場合を除けば、基本的に会社員勤めの方はローンを組むことが可能です。

さて、このローンを組むときに車の販売会社がローンを提案してくることもありますが、必ずローンの金利を確認して、自分で他の会社でローンを組んだほうが安くなるのかどうか合わせてご確認ください。

金利1%の違いでも、100万円の車なら1万円の違いが出てきます。長期間ローンだとさらにその金額の差が大きくなります。

ちょっとした手間を惜しまずにローンを組む際にはしっかりと条件確認をするようにいたしましょう。

購入する以外に車にお得に乗る方法をご紹介!

さて、購入する場合の検討は終わりました。

しかし、車に乗るということでしたら、カーリースを利用することでも可能です。

特にカーリース(トヨタKINTO)の利用は、保険料が高くなりがちな新卒の方にはお勧めできます!

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

カーリースでは車にお得に乗ることができ、さらには補償も充実しています。そして、月々の支払いを定額かつ低額に抑えることが可能です。

そのお得さから、ここ最近ではどんどんカーリースの利用者が増えていっています。

カーリースにもさまざまなリース会社、サービスがありますが、トヨタの運営するKINTOが圧倒的におすすめです。

トヨタという日本最大の自動車メーカーが運営しているという安心感や、その補償の充実度、料金のお得さなどを含めて他社を圧倒していると筆者は思います。

是非下記の記事もご覧ください。

カーリースとは言っても、自分の車と同様に乗ることができますし、周りからカーリース専用の車だとバレることもありません。

実質的に借家のようなものと考えれば、ほとんど抵抗はないのではないでしょうか。例えばタワーマンションに住んでいる人に対して、借家なのか持ち家なのかそこまで気にする人っていませんよね。

カピバラ

急な出費がないため、急な故障などの際にまとまったお金が用意できないというリスクを完璧に回避できます。

また、全て必要なお金がコミコミで、税金や保険や点検も車会社に任せれば良いので、車初心者にも優しいです。

気になった方は、下記のページからお気軽にご相談をしてみてください。気に入った車種があれば、まずは審査だけでも受けてみることをお勧めします。(審査を依頼した後に審査結果がメールが来ますが、リース契約をしなくてもお金は発生致しません。)

\WEBで簡単手続き可能!まずはお気軽にご相談を!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次